■スポンサーリンク■


蘇るドライビングの歓び。


0505072A30180528W00116

今回取り上げるのは、トヨタ マークXの350Sグレードをベースに、走る愉しさと操る歓びを追求した100台限定の大人のスポーツセダン、トヨタ マークX GRMNの6速MT車です。

MARK X GRMN Impression driving by Manabu Orido-YouTube

コチラは、レーシングドライバーの織戸 学さんが実際にサーキットでマークX GRMNをドライビングされた公式インプレッション映像ですが、まるでオモチャを与えられた子供のように操る織戸さんの表情が印象的で、走るマークX GRMNの姿もノーマルのマークXと全く別物の迫力に満ち溢れており、まさに大人のスポーツセダンを具現化した魅惑の一台ですね。

それでは早速、今回取り上げた車両の概要を見ていきましょう。


車両状態



本体価格:589万円

支払総額:---.-万円

年式:平成27年

走行距離:1.0万km

車検:検30.8

排気量:3500cc

修復歴:無し

駆動方式:2WD

ミッション:6速MT

車体色:ホワイトパールクリスタルシャイン

年式は平成27年式で登録されてから3年が過ぎているものの、走行距離は1.0万kmと少なく、この世に100台しか製造されていない限定車という事でプレミアが上乗せされているのでしょう、中古車ながら本体価格は540万円の新車価格を遥かに上回っています。

もうすぐ第1回目の車検が近づいており、支払総額は確実に600万円を超えてくると思われますが、それでもこれだけのハイパフォーマンスを誇る限定車となれば、それ相応のプライスなのではないかと思います。

ただ、過去に取り上げたほぼ同じ状態のマークX GRMNの本体価格が650万円だった事を鑑みると、やや相場は下がっているのか?とも取れ、もし購入を考えていた方にとっては今が狙い目かもしれませんね。

グー鑑定は内外装共に5つ星ですが、やはり中古車という事で写真だけでは分からない部分もあるので、なるべくご自身で現地へ赴いて実車の確認及び試乗をオススメします。

この物件の詳細はコチラ ⇒ グーネット
※掲載終了の際はご容赦下さいませ。


販売店詳細


0505072A30180528W00102
 出典:グーネット

販売店:キースジャパンプラス タイプR スポーツ専門店

住所:
〒344-0122 埼玉県春日部市下柳677-1  MAP


無料通話:0066-9705-7076

FAX:048-878-8332

営業時間:10:00~19:00

定休日:水曜日

【販売店様からのコメント】
CFRPリアスポイラー♪専用VSC♪専用パーツ多数♪ ウルトラスエードシート♪BBS製専用19AW♪チューニングサス♪LSD♪

埼玉県春日部市のキースジャパンプラス タイプR スポーツ専門店様は、カスタムされたスポーツカーを中心に厳選・格安にて取り揃えており、電車でお越しの方は事前に連絡すれば、東武アーバンパークライン「藤の牛島駅」までお迎えに上がって頂けるとの事です。

埼玉県春日部市の名物グルメの一つに、アヤムラサキイモの粉末で色付けされた目にも鮮やかな藤色のうどん『藤うどん』があるそうで、マークXの試乗に訪れた際には是非とも眼と喉で味わってみたい一品ですね!

この物件の詳細はコチラ ⇒ グーネット
※掲載終了の際はご容赦下さいませ。


■スポンサーリンク■


スペック



トヨタ マークX(MARK_X)
GRMN(2015年3月)

新車価格:5,400,000

ボディタイプセダン

ドア数4ドア

乗員定員:5名

型式:DBA-GRX133

全長×全幅×全高:4810×1795×1420mm

ホイールベース:2850mm

トレッド前/後:1550/1530mm

室内長×室内幅×室内高:1975×1500×1170mm

車両重量:1550kg

タイヤサイズ:(前)235/40R19 92Y (後)255/35R19 92Y

燃費(JC08モード):10.0km/l

詳細のカタログはコチラ ⇒ グーネット

以前の記事からのお浚いですが、GRMNとは『GAZOO Racing Meister of N ü rburgring』の略で、2010年に惜しくも他界したGAZOO Racingの成瀬弘監督への敬意が込められているとの事です。

国内で販売されている国産FRセダンでは唯一となる6速MTを採用し、足回りをはじめとする専用チューニングにより公道からサーキットまで、とことん走りを愉しむ事を追求しています。

アグレッシブな専用エアロを纏ったエクステリアは勿論、インテリアもステアリングをはじめ、随所に施されたバックスキンがとてもスポーティーな印象で、触り心地も実に気持ちよさそうです(笑)

ほんのちょっと前は、こうしたミドルサイズのセダンにもカタログモデルで尖ったスポーツグレードがゴロゴロと存在し、当然のようにMTがラインナップされていたものですが、現在はセダン自体が衰退の一途でMTにいたってはほぼ皆無となってしまい、実にお寒く寂しい時代です…嗚呼。

この物件の詳細はコチラ ⇒ グーネット
※掲載終了の際はご容赦下さいませ。


総評



そんな訳で、今回はトヨタ マークX GRMN を取り上げてきましたが最後にワタクシ、m.c.M・Tが「買いたいっ!」と思う気持ちを点数で表すと…

58.9

また本体価格かよ…などと呆れられそうですが、それはともかく明らかにノーマルのマークXとは別物のパフォーマンス&存在感であるものの、やはり個人的に現行型マークXのスタイリングに惹かれるところが無く(スミマセン)、もし何かしらのラッキーが転がり込んで買えるだけの資金が手元にあったとしても、きっと他の分かりやすい輸入スポーツモデルを購入すると思われ、今回はこの点数とさせて頂きました…って、結局のところ買いたい以前に買えないんですけどね(泣)

そんな訳で、このクルマの本当の価値が分からない珍竹林の戯言は放っておいて、何事にもスマートでクレバーな本物の大人に是非とも乗って頂きたい、100台限定のマークX GRMNです^^b

この物件の詳細はコチラ ⇒ グーネット
※掲載終了の際はご容赦下さいませ。


 《ランキング参加中です!m(_ _)m》
  


【貴方だけの一台を。カスタムパーツは楽天市場!】

■スポンサーリンク■